MobileIron:
境界のない環境での企業セキュリティを再定義


ゼロトラスト・アプローチ

セキュリティ境界で企業データを囲い込むことがもうできなくなってきている現在、どのようにデータを保護すべきでしょうか?このような環境でデータのセキュリティを確保できるのは、ゼロトラスト・アプローチのみです。ビジネスリソースにアクセスしようとするすべてのエンドポイント、アプリ、ネットワーク、ユーザーを常に確認します。

すべてを疑い、常に確認
すべてを疑い、常に確認

セキュリティ境界のない企業環境に対応。モバイルを中心としたゼロトラストのセキュリティ

 

MobileIronは、企業セキュリティのあり方を再定義します。企業のセキュリティ境界が消えつつある中でセキュリティを確保するため、統合エンドポイント管理(UEM)に立脚し、ゼロトラスト環境でモバイルを中心としたアプローチが必要とされています。これによって次のようなことを実現します。

 

 

デバイスのセキュアなプロビジョニング:

速やかにオンボーディングを行い、従業員が企業に持ち込むさまざまなデバイスのセキュリティを確保します。

条件付きアクセスの付与:

信頼されるデバイス、アプリ、ユーザーだけが、企業リソースにアクセスできるようにします。

データを保護し、
オンデバイスの脅威を排除:

インターネット接続がある時もない時も、iOSおよびAndroidデバイス上の脅威を検出および修復します。

セキュリティポリシーの適用:

デバイス、アプリ、ユーザー、ネットワークがコンプライアンスの条件を満たしていることを確認した上で、ビジネスアプリやデータへのアクセスを許可します。

 

MobileIronのゼロトラスト・セキュリティフレームワークがID管理やゲートウェイを使用したアプローチと比べて優れているのは、より多種かつ包括的な属性でコンプライアンスを判断した上でアクセスを付与する点です。MobileIronは、デバイスやユーザーにセキュアアクセスを付与する前に、デバイスの検証、ユーザー環境の検出、アプリ認証情報の確認、ネットワークの検証、脅威の検出と修復を実行します。

UEM
Access
Threat Defense