iOSデバイス管理

企業ユーザーの間でiOSデバイスの需要は急速に高まっています。従業員はすべてにiPadやiPhoneを使いたがり、IT部門にサポートを強く要望しています。MobileIronのモバイルセキュリティと管理に対応するプラットフォームと、成長を続けるAppleのデバイスとアプリのエコシステムを組み合わせることにより、IT管理者は、iOSのモバイル機能を社内のユーザーに最大限に活用させることができます。

「企業にとってのiOS 11とは」を読む

成熟した企業向けモバイルプラットフォームとしてiOSを開発するAppleの取り組みは、驚異的な進歩を遂げました。Appleは、リリースごとに機能を強化し、デバイスの設定、展開、管理、セキュリティを担うIT部門の作業を簡素化しています。IT部門は、MobileIronとの併用により、シングルサインオン、Per-App VPN、オープンイン管理、アプリインストール、VPP、その他多くの機能によってiOSデバイスとアプリのセキュリティを確保できます。

iOS 用 MobileIron プラットフォームの主な機能は次のとおりです。

デバイス管理

 

iOSデバイスを簡単に管理

MobileIronは、メール、Wi-Fi、VPNなどの企業向け設定を簡素化します。Appleのデバイス登録プログラム(DEP)ボリューム購入プログラム(VPP)にも対応。さらに、企業証明書とActive Directoryを統合したシームレスな認証や、継続的なコンプライアンス監視と自動修正ポリシーも可能にします。紛失したデバイスやコンプライアンス違反のデバイスからは、セレクティブワイプで企業データを削除します。

 

モバイルアプリ/データのセキュリティを確保

Mobileironでは、企業向けアプリストアを設置し、シームレスにアプリを配布できます。ビジネスデータと個人データはAppConnectまたはiOSマネージドオープンインで分離されます。FIPS 140-2暗号化モジュールはビジネスデータを暗号化し、data-at-rest(保存データ)を保護。TunnelなどのPer-App VPNがdata-in-motion(移動するデータ)を保護します。オープンイン制限、コピー/貼り付け制限などのセキュリティ機能が情報漏洩を防止し、セキュアアクセスゲートウェイがアプリレベルの詳細なアクセス制御を可能にします。

 

企業用コンテンツのセキュリティを確保

MobileIron Docs@Workでは、メール、SharePoint、多数のドキュメントリポジトリに簡単にアクセスし、保存や閲覧が可能です。Web@Workは、デバイス全体のVPNなしで社内Webリソースにアクセスするためのセキュアなブラウジング機能を提供します。

情報漏洩を防ぐ:iOS 11におけるOffice 365メールのセキュリティ