オペレーティングシステム

コンシューマーデバイスの職場持ち込みに対するニーズが高まる現在、IT部門は、Android、iOS、macOS、Windows 10など、複数のオペレーティングシステムでエンドユーザーをサポートできる統合エンドポイント管理(UEM)プラットフォームを必要としています。

Android

企業におけるAndroidの利用は増加し、従業員の日常的な業務に多大な影響を与えています。GoogleはAndroidを大幅に改良し、成熟した企業向けプラットフォームとしてAndroidエンタープライズを開発しました。MobileIronとの組み合わせにより、企業はAndroidデバイスのセキュリティ確保と管理を行い、プロビジョニングから、構成、アプリ導入、セキュリティ/制御、監視/コンプライアンス、デバイスのサポート終了まで、そのライフサイクルをエンドツーエンドに管理できます。

 

詳細はこちら

Android OS
Android OS

iOS

成熟した企業向けモバイルプラットフォームとしてiOSを開発するAppleの取り組みは、驚異的な進歩を遂げました。Appleは、リリースごとに機能を強化し、デバイスの設定、展開、管理、セキュリティを担うIT部門の作業を簡素化しています。IT部門は、MobileIronとの併用により、シングルサインオン、Per-App VPN、オープンイン管理、アプリインストール、VPP、その他多くの機能によってiOSデバイスとアプリのセキュリティを確保できます。

 

詳細はこちら

iOS
iOS

macOS

企業には業務用デバイスとしてMacを管理することが期待されています。コンプライアンスの要件を満たすには、重要な企業/顧客データにアクセスする全デバイスのセキュリティを十分に確保し、管理することが必須です。MobileIronは、認証とIDの新しいモデルをMacに提供し、共通のセキュリティ/管理プラットフォームを通じたAppleのモバイルとデスクトップの運用統合を可能にします。

 

詳細はこちら

macOS
macOS

Windows 10

Windows 10は、複数のOSバージョンを1つのプラットフォームに統合し、現代の企業アーキテクチャにおいてデバイス/セキュリティ管理を統一する大規模なOS改革です。Windows 10の統一されたMDM API群とWindows情報保護(WIP)機能により、IT部門はすべてのWindowsデバイスのセキュリティ確保と管理を行い、一貫したユーザー体験を提供できます。

 

詳細はこちら

Windows 10
Windows 10