セキュリティとコンプライアンス


セキュリティの新たな課題

モバイルオペレーティングシステムにおけるセキュリティ上の課題は、かつてのPC時代のものとはまったく異なります。モバイルオペレーティングシステムは、新しいサンドボックス型アーキテクチャへの移行により、安定性とユーザーの生産性が向上し、更新が容易になりました。この新しいアーキテクチャは、従来のマルウェアの脅威を解消し、セキュリティと管理のAPIを内蔵しています。これらは、MobileIronのようなエンタープライズモバイルプラットフォームとの併用により、データセキュリティを向上させる強力な機能群となります。  

また、現在の企業データは、コンシューマーアプリとクラウドストレージリポジトリの両方に保存されています。モバイルセキュリティの目標は、あらゆる場所にある企業データのセキュリティを確保することです。モバイル環境では、適切なセキュリティモデルさえあれば従業員にできることが増えます。この適切なセキュリティモデルでは、IDと信用が従業員のアクセス権限を決定します。  

セキュリティと表裏一体なのがプライバシーです。モバイルデバイスは非常に個人的なものであり、ほとんどのデバイスが個人情報と企業情報の両方を含んでいます。IT部門はデバイス上の個人情報を見ることなく、企業情報のセキュリティを確保し、管理できなければなりません。ユーザーと世界中の規制団体がプライバシーを重視する中で、これは極めて重要です。  

MobileIronのモバイルセキュリティプラットフォームは、多用途デバイス環境において現代のオペレーティングシステムのセキュリティを確保し、管理するよう構築されています。企業データ/サービスへの適切なアクセスレベルを設定するためのID、コンテキスト、プライバシー執行機能も備えています。MobileIronにより、IT部門は、従業員のプライバシーを尊重しつつ、あらゆる場所にある社内情報のセキュリティを確保できます。MobileIronがあれば、セキュリティはビジネスに制限をかけるのではなく、力を与えるものとなります。

GDPRが発効。対策はできていますか?

MobileIronがコンプライアンスを支援

PCとモバイルで異なる脅威の経路

モバイルにおける脅威の経路はPCと異なります。アプリケーションのサンドボックス化は情報漏洩を防ぎますが、常時接続、デバイスの改ざん、マルウェアは、新しいタイプの脅威をもたらします。具体的な脅威経路に関する情報は、以下をご覧ください。

追加
asdf

モバイル上の情報漏洩防止(DLP)対策

モバイルセキュリティソリューションは、モバイルデバイス、アプリ、コンテンツ、ネットワークを網羅する必要があります。自動化を通じて、予防的、反応的、そしてライブの監視制御で情報漏洩を抑制することが、脅威を緩和する上では重要です。ユーザーがシャドーITを回避できるようにすることも、その一環です。アンチウイルスソフトウェアなど、エージェントベースのセキュリティソリューションはシステム上の全プロセスの管理に依存しています。この方法は、1つのプロセスがシステムの他の部分を管理できないサンドボックス型の環境では使えません。モバイルのセキュリティには、従来のPC管理ツールではなく、エンドユーザーの生産性を維持しながら、アプリ、コンテンツ、デバイスのセキュリティを守ることを目的とした専用のエンタープライズモバイルセキュリティプラットフォームが必要です。

コンプライアンス

コンプライアンスは、多くのモバイルセキュリティ対策の導入理由です。小売店のレジ係が代金を受け取るときも、病院の医者がカルテにアクセスするときも、モバイルは業務に重要な役割を果たすようになりました。通常、各業界には特有のセキュリティニーズがあり、モバイルを業務に利用するにはIT部門がそれらの基準を満たす必要があります。