現代企業にとっての
Windows 10とは

Windows 10のリリースは、現代のエンタープライズアーキテクチャの進化における画期的な出来事です。これにより、別々だったOSバージョンが、EMMコンソールを通じて管理可能なプラットフォームに統一されます。Windows 10の統一されたMDM API群と企業データ保護(EDP)機能により、IT部門はあらゆる種類のデバイスのセキュリティと管理に対応するとともに、統一されたアプリストア経由であらゆるデバイスにビジネスアプリを配信できます。従業員が、画面サイズや形状に関係なく、すべてのデバイスで一貫したユーザー体験が得られるというメリットもあります。Windows 10とEMMプラットフォームは、モバイルファースト企業に統一されたデバイス/セキュリティ管理機能を提供する多大な可能性を秘めています。

本ホワイトペーパーでは、Windows 10が組織に与える影響をIT責任者に理解していただくため、最新のOS機能を紹介し、それらがどのようにレガシーインフラから現代のエンタープライズアーキテクチャへの移行を支援するかを解説します。

  • 現代企業にとってのWindows 10とは
  • 現代企業にとってのWindows 10とは
  • 現代企業にとってのWindows 10とは