現代の職場における
macOSのセキュリティ

世界企業という職場は新時代を迎えました。現代においては、従業員1人ひとりが、どこにいても、使い慣れたツールで、根拠に基づく意思決定を下します。かつて企業内でMacのノートやデスクトップを使うユーザーは、グラフィックデザイナーや動画制作担当者などごく一部でした。管理するMacワークステーションが少数だったため、多くのIT部門は、セキュリティをかけないか、統合エンドポイント管理(UEM)インフラとは別のポイントソリューションでセキュリティに対応していました。ポイントソリューションは短期的には魅力的ですが、Macの全社的導入に必要な長期的戦略や階層型セキュリティモデルには向きません。必要なのは、IT業務のコストを削減し、OSの混在(iOS、macOS、Android、Windows 10)に対応するとともに、現代の職場のユーザーにシームレスで、セキュアで、生産的な機能を提供する戦略的なUEMアプローチです。

  • 現代の職場におけるmacOSのセキュリティ
  • 現代の職場におけるmacOSのセキュリティ