経営陣

Simon Biddiscombe

Simon Biddiscombe

PRESIDENT AND CHIEF EXECUTIVE OFFICER

経歴全文を読む

最高経営責任者(CEO)として企業の全体的な事業戦略を推進し、MobileIronの日常業務を統括しています。経営と財務における20年以上の経験をMobileIronにもたらしました。キャリアの出発点はPricewaterhouseCoopers LLP。9年間勤務し、最後はシリコンバレーにある技術部門の会計と監査を担当しました。そして、Wyle Electronicsのシニアバイスプレジデント兼最高財務責任者を経て、Conexantのインターネットインフラ事業の財務・統制担当バイスプレジデントとなりました。同事業は、のちにMindspeed Technologies(NASDAQ:MSPD)となり、そこで5年間、最高財務責任者を務めました。その後、QLogic Corp.(NASDAQ:QLGC)で最高財務責任者兼シニアバイスプレジデントを5年間務めた後、同社のCEOに就任しました。さらにServiceSource International, Inc.(NASDAQ:SREV)の臨時最高財務責任者を経て、MobileIronに入社しました。グラモーガン大学で経営学の学士号を取得し、現在はイングランドおよびウェールズ勅許会計士協会のフェローとなっています。

Scott Hill

Scott Hill

Chief Financial Officer

経歴全文を読む

最高財務責任者(CFO)として、MobileIronの財務計画と分析、会計、財務活動、投資家向け広報活動を統括しています。20年近くにわたり、グローバル企業で財務チームを率いてきました。MobileIronに入社する前は、Symantecの財務担当シニアバイスプレジデントとして、同社のコンシューマー向け事業をサポートしました。Symantecでは、財務計画と財務分析のグローバル責任者、アジア太平洋・日本地域担当の財務幹部、クラウドベース製品のプロダクトマネージャー、各種の戦略的財務や業務改革職などの財務分野の上級職も歴任しました。

Symantecの前は、J.P. Morganでテクノロジー業界の顧客を相手に投資銀行業務に携わりました。防衛業界をキャリアの出発点とし、米国国防総省と、Boeingの子会社であるDigital Receiver Technologyでエンジニアを務めました。アクロン大学で 電気工学の理学士号、ジョージ・ワシントン大学で 電気工学の修士号、シカゴ大学ブース・スクール・オブ・ビジネスで MBAを取得しています。

Greg Randolph

Greg Randolph

Senior Vice President of Worldwide Sales

経歴全文を読む

世界営業担当バイスプレジデントとして、グレッグは全社収益と世界レベルの市場開拓の責任を負っています。営業と経営管理に20年以上の経験を有します。MobileIronに入社する前は、CA Technologiesで8年以上勤務し、直近ではEnterprise Cyber Security事業の世界営業担当シニアバイスプレジデントおよびゼネラルマネージャーを務めました。同社での職責には、市場開拓戦略/実行や新製品の方向性/取得が含まれます。CA Technologiesに入社する前は、Consonus Technologiesで10年以上勤務し、最終的には営業担当バイスプレジデントを務め、全社レベルのすべての外勤/内勤営業を統括していました。ノースカロライナ大学シャーロット校でマーケティング専攻の経営学士号を取得しています。

Sohail Parekh

Sohail Parekh

Senior Vice President of Engineering

経歴全文を読む

20年以上にわたって多様なエンジニアリングチームを統括し、クラウド、セキュリティ、ネットワーキングなど、多くのハイテク業界に必須の製品やサービスのコンセプト、構築、市場化に従事した経験を持ちます。MobileIronに入社する前は、CloudPassageのエンジニアリング担当エグゼクティブバイスプレジデントでした。CloudPassageは、ワークロードセキュリティ、コンテナ/ドッカーセキュリティ、クラウド可視化ソリューションを提供する大手クラウドセキュリティ企業です。Cloud Passageの前はInfobloxのエンジニアリング担当エグゼクティブバイスプレジデントを務め、主要経営幹部として新規株式公開(IPO)を成功に導きました。さらに、エンジニア300人以上から成るグローバルチームを率いて革新的なセキュリティ、分析、ネットワーキングソフトウェア製品群を数多く開発。Infobloxの持続的な成長を支え、セキュリティ製品の発表、およびコアネットワークサービス分野における市場優位の確立に貢献しました。Infobloxの前は、ネットワークID管理/アクセス制御製品を提供するVernier Networks, Inc.のエンジニアリング担当バイスプレジデントを務めました。Vernierの前には、通信ソフトウェア会社のSyndeo Corp.を共同設立し、エンジニアリング担当バイスプレジデントを務めました。ヒューストン大学で電気工学の理学士号を取得しています。

Rhonda Shantz

Rhonda Shantz

Chief Marketing Officer

経歴全文を読む

マーケティングチームの責任者として、ターゲットを明確にした強い影響力を持つプログラムを実行し、パイプライン促進と売上高の増加に貢献しています。サイバーセキュリティやエンタープライズ事業の売上増加、カテゴリー開発および市場破壊戦略の策定、デジタルトランスフォーメーションの推進に25年以上の実績を誇ります。MobileIron入社前にはCentrifyでCMOを務め、マーケティングと営業にアカウントベースドターゲティング戦略を短期間で導入することで、パイプラインを2倍に成長させたほか、製品パッケージや価格などの市場化戦略を転換し、同社をゼロトラストカテゴリーのリーダーに位置付けました。

Rocket Fuel、Symantec、Porter Novelliでも幹部を務め、カテゴリー開発、ブランド改革、パイプライン促進などの戦略に貢献しました。業界イベントでも頻繁に講演しており、最近ではSirius DecisionsからMarketing Program of the Year(最優秀マーケティングプログラム)、TOPOから2018年Marketing Excellence(マーケティングエクセレンス)の表彰を受けています。�年には、Engagioから「One of the Top 50 Women in Revenue that you should know(知っておくべき収益を牽引する女性トップ50)」、San Jose Business Journalから「Women of Influence 2017(2017年に影響を与えた女性)」に選ばれました。カリフォルニア州立大学サクラメント校でMBAを、カリフォルニア州立大学チコ校でコンピューターサイエンスの理学士号を取得しています。

Brian Foster

Brian Foster

Senior Vice President of Product Management

経歴全文を読む

製品管理担当シニアバイスプレジデントとして、製品の方向性およびイノベーションを統括しています。この職務において25年以上の経験があります。 MobileIronへの入社前には、ID管理の分野で新たな事業を立ち上げました。その前は、IDデータ検証のリーダーであるNeustarで情報サービス担当のシニアバイスプレジデントを努め、マーケティングサービス、リスクおよび不正行為、レジストリ、セキュリティサービス分野のソリューションを担当するチームを統括していました。また、製品開発および市場化の監督も担っていました。それ以前は、企業および大手のインターネットサービスプロバイダーにおける高度な脅威の進行を発見した非公開会社のDamballaで最高技術責任者(CTO)を務め、高度な検索、製品戦略、エンジニアリング業務を統括しました。 

Damballaの前は、McAfeeの製品開発担当シニアバイスプレジデントを務めていました。McAfeeではグローバル製品管理部門を監督し、80を超える企業およびコンシューマー向け製品を担当し、20億ドル以上の収益を上げました。McAfeeに入社する前は、Symantecの製品管理担当バイスプレジデントとして、企業エンドポイント向けの製品イノベーションを監督しました。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)で経済学士号を取得し、UCLAのアンダーソン経営大学院で経営学のエグゼクティブプログラムを修了しました。 

Dilip Patel

Dilip Patel

SENIOR VICE PRESIDENT OF CUSTOMER SUCCESS

経歴全文を読む

カスタマーサクセス担当シニアバイスプレジデントとして、MobileIronのテクニカルサポート、啓発、カスタマーアドボカシー、専門サービスのチームを統括しています。MobileIronに入社する前は、Intel子会社のWind Riverに15年間勤務しました。Wind Riverにはフィールドエンジニアとして入社し、カスタマーオペレーション担当バイスプレジデント、R&D担当シニアバイスプレジデントなどの役職を歴任。最後は、研究開発およびワールドワイドカスタマーオペレーション担当シニアバイスプレジデントを務め、革新の推進とWind Riverの主要製品開発、および世界中のお客様に接するエンジニアリンググループを統括しました。Wind Riverの前は、EMEAとシンガポールでTexas Instrumentsのソフトウェア開発マネージャー、英国のAtlas Converting Equipmentでソフトウェアマネージャー/デザイナーを務めました。ロンドン大学ロイヤルホロウェイでコンピュータサイエンスと電子物理学の理学士号を、英国のオープンユニバーシティ・ビジネススクールでMBAを取得しています。

Suresh Batchu

Suresh Batchu

CO-FOUNDER AND CHIEF TECHNOLOGY OFFICER

経歴全文を読む

最高技術責任者(CTO)として、お客様の将来のニーズを予測し、MobileIronの研究部門を先導しています。MobileIronに入社前は、Nortel Enterprise Data Networksでアプリケーションスイッチングとセキュリティ担当のエンジニアリングポートフォリオリーダーを務めました。彼のチームは6万以上のアプリケーションスイッチ、アクセラレータ、何千ものファイアウォールを出荷。オフショアのエンジニアリングチームを新たに3つ構築し、仮想化と高拡張性システムの専門性を確立しました。Nortelの前は、インターネットインフラの革新的企業であるAlteon Websystemsのエンジニアリングマネージャーでした。同社は2000年にNortelに買収されています。最初に勤務したのはHolonTech Corporationでした。サウスフロリダ大学でコンピューターサイエンスの理学修士号を取得しています。

Jared Lucas

Jared Lucas

CHIEF PEOPLE OFFICER

経歴全文を読む

MobileIronの社員採用、定着、能力開発を世界レベルで統括する最高人材活用責任者。設立まもない企業や大手企業で、新規株式公開、買収、飛躍的な成長段階を通じ、人材戦略や人材管理の経験を豊富に積んでいます。MobileIronへの入社前には、The Climate Corporationの人材活用担当バイスプレジデントを務め、Monsantoによる10億ドルの買収を乗り切りました。また、2011年5月のIPO段階からLinkedInの人事チームの主要メンバーとして活躍し、同社の従業員数を600人から5,000人にまで成長させました。Hewlett-Packard、Quiksilver、Auto Meter Productsでも人事の上級管理職を務めました。連邦調査局の特別捜査官の経験もあります。ブリガムヤング大学で 国際学の学士号を、コーネル大学で労使関係の修士号を取得しています。

Ojas Rege

Ojas Rege

CHIEF STRATEGY OFFICER

経歴全文を読む

企業戦略とソートリーダーシップを統括する最高戦略責任者。彼のエンタープライズモビリティに関する見解は、Bloomberg、CIO Magazine、Financial Times、Forbes、Reutersに掲載されてきました。初代iPhone発表の1週間後に行われた2007年のTechCrunchでは「モバイルファースト」という造語を使い、個人向けおよび企業向けコンピューティングの新たなモデルを提示しました。企業向けアプリストアやBYODプライバシーなど8件のモビリティ関連特許の共同発明者でもあります。彼がMobileIronに入社してから10年の間に、モバイルセキュリティプラットフォームは、単なるアイデアから15,000社が採用する製品に成長しました。Ponemon Instituteの情報セキュリティポリシーのフェローでもあります。MobileIron入社前は、Yahoo!とAvantGoのモバイル製品チームを統括。1988年にOracleで製品ラインマネージャーとしてキャリアをスタートしました。マサチューセッツ工科大学でコンピューター工学の学士号・修士号を、スタンフォード大学でMBAを取得しています。また、有色人種の子供たちやその親に養子縁組サービスを提供する非営利組織Pact(カリフォルニア州オークランド)の会長を務めています。

Ajay Mishra

Ajay Mishra

CO-FOUNDER AND CHIEF CUSTOMER OFFICER

経歴全文を読む

最高顧客責任者として常にお客様の声を聞き、MobileIronの強み、改善すべき点、お客様のニーズに応える製品/サービス群の拡充について理解に努めています。MobileIronを設立する前は、エンタープライズワイヤレスのパイオニアであるAirespace(現在はCiscoの一部)を共同設立。指導をしていた20社の顧客とともに、同社の最初の製品要件を決定しました。また、Wi-Fi Alliance内でWLAN-Mobile Convergence(WMC)の議長を務め、新たにWMC検定を2つ立ち上げました。モバイルコンバージェンスとそれが企業に与える影響について、講演も活発に行っています。Airespaceを創立する前は、Cisco Mobile Office Network(MNET)で製品管理を行っていました。JetCellとExioの買収をまとめ、製品チームを結成し、2001年のGSM World Congressで見事にCisco MNETソリューションを発表しました。Motorolaでエンジニアとしてキャリアをスタート。1990年に世界初のGSM送受信機を設計したチームの一員となりました。1993年にはMotorola初のCDMA送受信機の開発にも大きく貢献しました。サザンミシシッピ大学でコンピューターサイエンスの理学修士号を、シカゴ大学経営大学院でMBAを取得しています。

Jeff Ratzlaff

Jeff Ratzlaff

VICE PRESIDENT OF BUSINESS DEVELOPMENT

経歴全文を読む

事業開発担当バイスプレジデントとして、戦略提携やパートナーシップの構築を統括しています。MobileIronに入社する前は、Nokiaに10年間勤務し、最終的にはワールドワイドチャネル担当ディレクターとして市場開拓戦略とパートナーエコシステムを統括しました。担当した製品ポートフォリオには、Nokia Eseries、Intellisync Mobile Suiteプラットフォーム、ユニファイドコミュニケーション、IPセキュリティソリューションが含まれます。また、14カ国にわたるエンタープライズマーケティングの責任者として、シンガポールのNokiaアジア太平洋本社に6年間勤めました。Nokiaに入社する前は、InTalkで企業/OEM向け営業に従事。InTalkは、世界初のIEEE802.11製品を開発し、1999年にNokiaに買収された企業です。キャリアの原点となったRFID Systrms Corporationでは、アセットIDや生体認証テクノロジーの営業や事業開発を行いました。ハワイパシフィック大学で国際ビジネスの理学士号を取得しています。