行政機関向けのセキュアなモビリティ

現在の行政機関において、モビリティの役割はますます重要になっています。国防省のモバイルデバイス戦略では、業務の有効性を高めるために職員のモバイル性を高め、いつでもどこでも情報へのセキュアアクセスとコンピュータ処理能力を与えることを推進するビジョンが概説されています。

モビリティは、連邦政府の必須要件です。モバイル職員が最適な場所、時間、リソースで職務を遂行できるよう、、行政機関はモバイルコンピューティングに移行しつつあります。職場でのモビリティが高まるにつれ、多くの機関職員はスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスを利用しています。

機関デバイスのセキュリティ確保

連邦の職員が、モバイルデバイスを利用して時間や場所を選ばずに機関のリソースや情報にアクセスするケースが増えていることを受けて、モビリティに対する機関の姿勢が根本的に変化しようとしています。しかし、デバイスセキュリティは、すべての連邦エンタープライズモビリティ戦略の主要な要件です。現在のネイティブのモバイルデバイス管理機能では、巧妙なサイバー攻撃に対処しきれません。各機関がデバイスを適切に管理し、セキュリティを確保するには、ネットワーク、コンテンツ、メール、ブラウザ、デバイス内のアプリのセキュリティも確保する必要があります。

機密アプリ/コンテンツのセキュリティ確保

すべての行政機関は、セキュリティ、モビリティ、高可用性に関して連邦政府が課す各種の要件を満たす必要があります。新しいモバイルワークフローでその要件を満たすには、デバイスとアクセスポイントを厳密に管理し、機密データのセキュリティを確保する必要があります。

現場職務のモバイル化

モバイルデバイスは、FEMA職員から前線の重要任務の関係者まで、あらゆる現場作業員によるシームレスなアプリアクセス、生産性の向上、現場からの応答や報告のスピードアップなどを可能にします。また、職員の生産性が上がればコストの削減にもつながります。しかし、モバイルデバイスで機密データにアクセスすることによって発生する問題もあります。セキュリティの侵害を許さない確実なソリューションがなければモビリティの導入は困難です。

BYODのサポート

行政上の命令や指令に加え、多くの連邦機関は、BYODが設備投資とITサポート費用を節約し、なおかつ職員にモバイルデバイス選択の自由を与える手段と考えています。各機関は、BYODにおいてモバイルデバイス上の個人用コンテンツを維持し、職員のプライバシーを保護しつつ、行政データとアプリへのセキュアなアクセスを可能にする必要があります。MobileIronによって多くのOSとデバイスにわたって管理を簡素化し、単一のプラットフォームで全モバイルデバイスのセキュリティを確保できます。MobileIronは、企業環境でモバイルデバイスのセレクティブワイプと管理を可能にするBYODプライバシー技術の特許を取得し、革新性を実証してきました。また、最新のOSおよび関連モバイル機能の更新を即日サポートしています。

MobileIronの行政認証について

モバイルファースト行政データシート
米国農務省がMobileIronを委託業者に採用
アメリカ国防情報システム局がMDM/MAS委託業者にMobileIronを採用