強固なセキュリティと利便性を両立 させるシステムとして MobileIron の キオスクモードを採用!

業界: 小売&ホスピタリティ

業務効率をあげるためにスマートフォンを導入

「髙島屋では現場の売場責任者や、社外で営業を行う外商担当者のためにフィーチャーフォンを利用し 社内システムへアクセスできるようにしています。ただしフィーチャーフォンだと画面が小さく、表現力も 乏しいため、お客様への提案など接客業務への利用展開までは実現できませんでした。昨今のスマート フォンの普及状況と、大画面、高画質なタブレットが登場したため、今までできなかった接客業務利用に加え、 従来は持ち歩いていた商品カタログのペーパーレス化など更なる営業活動の効率化が実現できると考え、 今回スマートフォンの導入をすすめることになりました。また個人情報を扱っている業務もあり、セキュリ ティを強固にするためにMDMの導入は必須でした。」と株式会社髙島屋津田氏は語る。

「スマートフォンはフィーチャーフォンとは違い多くのセキュリティリスクを抱えているので、お客様が求めて いる利便性に加え、セキュリティ面も考慮した環境を構築することが必要でした。また、グローバル展開する 企業として海外使用が可能であること、AndroidだけでなくiOS、WindowsMobileなども導入可能な マルチOS、マルチキャリアに対応できること、東日本大震災を経てBCPの観点から遠隔地でも業務システム にアクセスできることや、将来のBYOD展開も視野に入れることが要件としてありました。」と富士通エフ・ アイ・ピー株式会社(以下FIP)岡氏は語る。

ホワイトリスト方式でのアプリ管理「キオスクモード」

「非常に強固なセキュリティの要求があり、多数のMDM製品を比較しました。10製品程最終選考に残り ましたが、その中でお客様の要求を満たせるものはMobileIronだけでした。」とFIP西山氏は語る。ホワイト リスト形式でのアプリの制御が出来るMDM製品は限られる。MobileIronとサムスン製端末(サムスン API)の構成で動作する「キオスクモード」は、画面上に管理者側が許可したアプリのアイコンしか表示 させない。スマートフォンを業務端末化するというイメージの機能で、アプリの実行制御が可能である。

「機能が大幅に制限されることへの戸惑いはありましたが、ホワイトリスト方式でのアプリ制御が安全で よいということと、業務利用するメニューをもっと便利にしたいという希望をつめていくと、キオスクモード はまさにそれを実現するものだったのです」とFIP佐藤氏は語る。

グローバル展開する企業に海外サポートは必須

特に大きなポイントとなったのが、グローバル対応。「各社に海外利用について問い合わせた中で、海外 利用をサポートすると明言したのはMobileIronだけでした。」と、佐藤氏は語る。2012年に上海に出店 し、2015年にはホーチミンへの出店も予定しているなど髙島屋はアジアを中心とした海外進出に力を 入れている。また、買い付け等で日本のスタッフが海外に行くことも多いため、海外サポートの有無は、 MDM製品を選定する上で、大きい判断の要因であった。

マルチキャリア、マルチOSに対応

「MobileIronは世界的なデファクト製品で、AndroidだけでなくiOS、WindowsMobileの幅広いモバイル 用OSに対応しています。さらに、オンプレミス型での構築が可能で、お客様要件に柔軟に対応できる製品 でした。」と西山氏は語る。MobileIronはスマートフォンで業務実施に使用するプロトコルの標準化にも 携わっている。

短期での構築設定が可能

「MobileIronは仮想アプライアンス製品で、インストールはVMware ESXi上に配置するだけで、インストール作業は1~2時間程度。通信で使用 するポートも限定化されているため、WindowsやLinuxサーバ上で動作 する他MDM製品と比較して、サーバ要塞化も容易であり、非常に迅速に 高品質な環境構築が出来ました。キオスクモードに関しても、Mobileiron には統合的なWebコンソールが備えられているため、短期間構築という ニーズに、十分に対応できました」と西山氏は語る。プロジェクトが始動した のが2012年夏。要件確定し構築を開始したのが、2012年末。試験運用 開始が、2013年2月25日。本稼動が3月中旬という短いスケジュールで あったが、短期での構築および設定が可能である。

使いやすく安全性の高いシステムは高評価

現場では新たなツールへの戸惑いが多少あるものの、当初の目的に合致 したシステムが導入できたという実感はあるようだ「。要望に合うものを推薦 してもらった形ですが非常に満足しています。きちんとしたセキュリティを 確保すること、海外でも確実に利用できるシステムにすることという条件 を満たしたシステムを導入することができました」と、株式会社髙島屋塩谷 氏は語る。キオスクモードで作られたメニューに関しても「 限られた メニューだけが表示されるため、スマートフォン等に不慣れなユーザーでも スムーズに利用することができ、業務効率化に役立っています」と津田氏 は高く評価している。 現在、髙島屋新宿店は新ワークスタイルのテスト店として、Galaxy S IIIを 多数活用している。これを含めると、GalaxyTabが620台、Galaxy S IIIが 90台、計700以上のスマートデバイス導入だ。この利用結果を踏まえて、 今後の展開が行われる予定となっている。バックヤード業務、仕入れ、店頭 活用など、スマートデバイスの有効活用を探る中で、確実な安全対策として MobileIronがシステムを支えている。