世界的なソフトウェア会社がMobileIron Accessで クラウドサービスのセキュリティを確保

業界: テクノロジー

この世界的な企業向けソフトウェア会社は、従業員に日常業務に必要なデータを提供したいと考えていました。業務にモバイルデバイスが普及するにつれ、企業はモバイル技術の進歩に合わせて機敏に動く必要があります。

同社の従業員は、互いに連絡を取り、ビジネス上の重要な決定を下すために必要な企業データにアクセスするため、モバイルアプリでSalesforce1、Microsoft Office 365、Concur、Slackなどのクラウドサービスを利用することが急速に増えました。モバイル/クラウド技術の普及には、セキュアでないデバイスや非マネージドアプリが重要な企業向けクラウドサービスにアクセスすることによる情報漏洩のリスクなど、新しいセキュリティ脅威が伴います。

同社は、従業員に必要なセキュアなネイティブモバイル体験を提供しつつ、クラウドサービスのセキュリティを確保するため、MobileIron Accessを導入しました。MobileIron Accessでは、信頼されたユーザーが 、信頼されたデ ハイスで 信頼されたアプ リを使用しているときにだけ、企業データにアクセスできます。また、従業員がモバイルデバイスでどのようにクラウドサービスを利用しているのか、企業が把握することも可能です。さらにAccessは、シームレスなシングルサインオン(SSO)で快適なユーザー体験を提供します。従業員は喜び、生産性は上がり、IT部門は、Android、iOS、Windows 10のスマートフォンやタブレットのセキュリティに自信を持てます。

モバイルアプリ上のクラウドデータのセキュリティ

従業員が移動先で仕事をするには、モバイルデバイスを通じたクラウドサービスへのセキュアアクセスが必須です。 MobileIron Accessでは、企業がアプリケーション、IPアドレス、ID、デバイスポスチャー、その他の基準に基づいて詳細なクラウドアクセス制御ポリシーを定義できます。詳細なポリシーエンジンと侵害されたデバイスや無許可アプリの検出機能を組み合わせれば、モバイルとクラウドのセキュリティギャップは縮まります。情報漏洩のリスクを低減しつつ、モバイルユーザーによる企業クラウドサービスの利用状況を把握することも可能です。

シームレスなユーザー体験

MobileIron AccessとMobileIronのネイティブアプリ構成機能は、クラス最高のモバイルアプリ体験をユーザーに提供します。登録時、モバイルデバイスには、ビジネスアプリとユーザーアカウント情報、サーバー名、ID証明書などのアプリ構成が設定されています。このため、従業員がモバイルアプリからクラウドサービスに接続する際、アカウント情報、パスワード、その他の複雑な設定を入力することなく、セキュアでシームレスに接続できます。 MobileIron AccessのシームレスなSSOは、社内アプリとネイティブモバイルアプリの両方に対応します。

共同作業でMobileIron Accessの導入に成功

共同作業と緊密なコミュニケーションが、MobileIron Accessの導入を成功に導きました。同社のITチームと企業アプリケーションチームが力を合わせ、MobileIronのプロフェッショナルサービスチームのもとで、十分な計画、明確なポリシーマッピング、各クラウドサービスに対応した正確な構成を行った結果、予定どおりに展開は完了しました。

従業員がセキュアなモバイルデバイスでマネージドアプリを使用するよう、企業アプリケーションチームは、エンドユーザ ーを対象としたトレーニングとコミュニケーションのプログラムを実施しました。チームはまず、セキュアでないデバイスや非マネージドアプリ経由で企業リソースにアクセスしている人物を判断しました。そしてそのようなユーザーが、企業アプリストアからマネージドバージョンのアプリをインストールできるよう指導しました。これにより、マネージドアプリの普及率が高まり、企業アプリケーションチームのフォローアップの負担が軽減されました。

同社は最初に、グローバル販売チームと再販パートナーが顧客情報をモバイルデバイスで更新できるよう、 MobileIron AccessをSalesforce1に対応させました。また、実装が円滑に進むよう、企業アプリケーションチームが少人数のユーザーグループに対してユーザー受け入れテストを実施しました。少人数のユーザー群でも、モバイル登録プロセスの改善は明らかでした。グローバル販売チームは、Salesforce1へのSSOアクセスにより、顧客/販売データをセキュアに利用できます。企業がユーザーのSalesforce1利用状況を把握することも楽になりました。

同社は、MobileIron AccessをConcurにも対応させました。従業員は、経費報告書のリモート提出、Slackでのリアルタイムなコミュニケーション、Office 365でのモバイル生産性向上が可能です。

今では、セールスマネージャーが顧客とのミーティングに向かう途中、iPadでOffice 365 PowerPointを使ってプレゼンテーションを修正できます。さらにミーティングの状況と詳細をSalesforce1で更新し、Slackでセールスエンジニアにメモを送ることも可能です。セールスマネージャーは、何度もパスワードを入力することなく、必要なクラウドアプリにアクセスできます。

ITに安心感を与えるグローバルクラウドセキュリティ

MobileIron Accessにより、この世界的企業は、従業員に許可したデバイスのマネージドなクラウド アプ リだけを利用させることが可能となりました。ユーザー名とパスワードの入力による以前のクラウドセキュリティ対策では不可能だったことです。

同様に重要なのは、従業員の生産性向上です。ユーザーは、モバイルデバイスで必要なデータにシームレスにアクセスし、どこで仕事をしても連絡を絶やさず、重要なビジネス上の決定を下せることを喜んでいます。

ソフトウェア産業
主な利点:
  • 従業員が、Salesforce1、Office 365、Concur、Slackなどのクラウドベースのアプリやサービスを通じてデータにセキュアにアクセス可能
  • SSO認証でクラウドアプリケーションの利用がスムーズ
  • アプリの状態やユーザーIDの把握が容易
  • 無許可ユーザーや非マネージドアプリによる重要な企業データへのアクセスをブロック
なぜMobileironか:
  • 主要ビジネスアプリを統合する大手EMMプロバイダー
  • 企業が必要とするセキュアなクラウドベースのアクセスを提供するのは、MobileIron Accessだけ
  • 革新性、拡張性、柔軟性を備えたプラットフォーム
  • 業界をリードするモバイル/クラウドセキュリティ
  • MobileIron Accessにより、ユーザーがSSOでデバイス上のすべてのマネージドアプリケーションに自動的にサインイン