Perkins CoieがMobileIron Accessでクラウドアプリとデータのセキュリティを確保

業界: 法律&専門サービス

「MobileIron Accessは、私たちにとって大きなゲームチェンジャーとなっています。認定されたデバイス、アプリケーション、およびユーザーだけが企業のクラウドリソースにアクセスできるようにすることができるため、ユーザーはその経験に本当に満足しており、セキュリティチームは安心しています。」

チェラン・シモンズ, =モバイルデバイスエンジニア、Perkins Coie

Perkins Coieは、ワシントン州シアトルに拠点を置く法律事務所。全米とアジアに19の事務所を持ち、所属弁護士は1,000人を超えます。小規模なスタートアップからFortune 500企業まで、さまざまな業種や規模の企業の法務を扱っています。

国際的な法律事務所であるPerkins Coieは、ITの機敏性を高め、弁護士が移動中でも情報をスピーディーに取得および更新できるよう、Microsoft Office 365やSalesforceなどのクラウドサービスを導入しました。しかし、以前のモバイルデバイス管理(MDM)ソリューションでは、基本的なメール以外のセキュリティには対応しておらず、弁護士はオフィス外で必要な情報やアプリにアクセスできない場合がありました。Perkins Coieが競争力を維持するには、弁護士が個人のモバイルデバイスで、時間や場所を問わず、クラウドアプリ、データ、サービスにセキュアにアクセスできる必要があります。

Perkins CoieのモバイルデバイスエンジニアであるChelan Simonds氏は、次のように述べています。「セキュリティは大きな優先事項です。ユーザーの生産性を維持するには、Salesforce、G Suite、Microsoft Office 365などのクラウドサービスをモバイルで利用できる必要がありますが、管理下にないデバイスからのデータアクセスを許しては なりません。当事務所は100% BYOD環境のため、あらゆるデバイスやプラットフォームで一貫したセキュアなユーザー体験を提供することも重要です。そのような要件すべてを満たす上で、MobileIronは欠かせません。」

スピードが要求される時代にモバイル業務のセキュリティは不可欠

Perkins Coieは最初に、メールとアプリのセキュリティ対策としてMobileIronエンタープライズモビリティ管理(EMM)プラットフォームを採用しました。その後、クラウドサービスの利用を開始すると、個人所有デバイスからのセキュアでシンプルなマルチOSアクセスを提供する必要が生じました。従業員が家族所有のiPadでSalesforce1の非マネージドバージョンを利用するなど、セキュアでないモバイルデバイスや非マネージドアプリから企業リソースにアクセスするのも防止する必要があります。

このセキュリティニーズを満たすため、Perkins CoieはクラウドセキュリティソリューションのMobileIron Accessを導入。Salesforce1モバイルアプリのセキュリティを確保すると同時に、シングルサインオン(SSO)によるシームレスなアクセスに対応しました。これによりユーザーは、各自のモバイルデバイスからSalesforce1の重要なコンテンツをスムーズに取得し、更新することができます。Perkins Coieは近い将来、Salesforce1に加え、MobileIron Accessを通じてセキュアなGoogleアプリとMicrosoft Office 365の導入も検討しています。

Simonds氏はさらに、「MobileIron Accessは、当事務所に大変革をもたらしました。シングルサインオンによってユーザーは、いちいち認証情報を入力しなくても、Salesforce1を簡単に利用できます。アプリを開くたびにユーザー名とパスワードを入力するのは時間の無駄です。ユーザーはこの機能に満足し、セキュリティチームも安心。許可されたデバイス、アプリ、ユーザーしか企業のクラウドリソースにアクセスできません。」と語っています。

MobileIron Accessは、MobileIron Tunnelを利用してクラウドベースのアプリのセキュリティを確保します。MobileIron Tunnelは様々なOSのapp VPNで、どんなパブリック、インハウス、クラウドアプリケーションにもシームレスな証明書ベースの認証機能を提供します。Perkins Coieは、MobileIron Tunnelと、デバイス上のセキュアなアプリコンテナであるAppConnectの併用により、Connections Mobileもセキュアに導入することができました。この社内開発のモバイルアプリは、企業ディレクトリ、オフィス情報、24時間年中無休のサポートなど、社内の重要なリソースへのアクセスを提供します。

「TunnelとAppConnectがあれば、従業員が技術サポートを利用することも、Connections Mobileディレクトリで他の従業員の情報を取得するも非常に容易です。ノートPCの起動やVPNへの接続は不要。セキュアな接続がデバイスから自動的に確立されるため、アクセスは驚くほど迅速です。」

法律事務所では時間が重要です。弁護士は、可能な限り、効率的かつ正確に時間当たりの料金を請求する必要があります。Perkins Coieはモバイル請求を合理化するため、MobileIron EMMエコシステムに含まれるサードパーティのモバイルアプリ、IntApp Timeを使用しています。したがって統合作業の追加はありません。IntApp Timeでは、弁護士がモバイルデバイスで時間を記録し、依頼人に請求書を送信します。アプリがタイマー機能を備えているため、時間を記録するのも簡単。アプリを開き、自宅、オフィス、次の仕事に向かう途中でも、時間を入力するだけです。

モバイルの未来を決定するのは 革新と柔軟性

Perkins Coieは常にお客様を最優先にしています。このため、現在も未来も、顧客や従業員のビジネスニーズの絶え間ない変化に対応する柔軟性を求めています。

「当事務所は、依頼人が使用しているプラットフォームや技術をサポートする必要があります。逆ではありません。MobileIronが常に新製品、更新、機能を追加してくれるおかげで、すべての依頼人とエンドユーザーに最新のモバイルとクラウドの機能を利用してもらうことができ、当事務所の競争力維持に大いに役立っています。」

パーキンス・コーエー
主な利点:
  • 従業員が個人所有のモバイルデバイスで、Salesforce1などのクラウドアプリ/サービス内のデータにセキュアアクセス
  • 大規模なBYOD環境で多様なデバイスやプラットフォームのセキュリティを確保
  • セキュアなモバイル時間管理とマルチOSデバイスでの請求により収益を増加
  • シングルサインオン(SSO)認証に対応
なぜMobileironか:
  • 主要ビジネスアプリを統合する大手EMMプロバイダー
  • MobileIron Accessだけがセキュアなクラウドベースのアクセスを提供
  • 革新性、拡張性、柔軟性を備えたプラットフォーム
  • 業界をリードするモバイル/クラウドセキュリティ
関連プレスリリース
プレスリリースを読む