BlackBerryリプレースに際し、 AGC旭硝子が選んだモバイル基盤はMobileIron

業界: 製造

BlackBerryから最新のスマートデバイスへ移行

AGC旭硝子グループは、営業力やネッ トワーク活動の強化をめざし、部門や地域 の壁を越えて円滑なコミュニケーションが 行える環境整備を着実に進めてきた。文 書共有基盤やWeb会議システム、携帯 電話、BlackBerryの導入、さらにこれらを 安全に利用するためのセキュリティ強化 などである。特にBlackBerryは、日本企業 としては最初期に大量導入するなど、先進的にコミュニケーション強化に取り組ん できた。しかし、そのBlackBerryが、新たな スマートフォン の 台 頭 に 伴 い 衰 退 。 BlackBerry Enterprise Server が、接続 しているExchange Serverの最新バー ジョンに対応しないことや、BlackBerryが 日本市場から撤退するといった動きもあり、更新を断念。最新のスマートフォンにシ フトすることにした。

旭硝子株式会社 グローバルI Tリー ダー 情報システムセンター長 神庭基氏は、「今回のスマートデバイスの導入は、コ ミュニケーションの強化によりコラボレー ションを進め、イノベーションを引き起こす ための一連の活動の、最初のステップの 最終段階と位置付けています」と語る。

NTTドコモとMobileIronが組み トータルなサービスを提供

AGC旭硝子は、新たなスマートデバイ ス導入に向けて2012年10月頃から検討を開始。BlackBerry同様のセキュリティレ ベルを維 持するため、MDM(Mobile Device Management)の検討を始め た。旭硝子株式会社 情報システムセン ター 統括主幹 OA・ネットワークグループリーダー 赤崎峰大氏は、「当初キャリア系 のMDMから検討を始めましたが、セキュリ ティレベルが足りませんでした。その後いく つか候補に上りましたが、北米で売れてい ない、日本でのサポートが弱いなど一長一 短で、最終的にMobileIronに決めるまで、10種類近くの製品を比較検討しました」と 語っている。

MobileIronは、単なる端末管理だけの 第一世代MDMとは一線を画す「EMM (Enterprise Mobile Management)プ ラットフォーム」。MDMに加えて、MAM(Mobile Application Management)、 MCM(Mobile Content Management) の各機能を提供し、企業がモバイルデバ イスを安全に効率的に活用するための包 括的なプラットフォームを実現する。

同社がMobileIronを選定した理由とし て挙げるのは、BlackBerryと同等のセキュリティが実現できること、グローバルで 活用できること、日本での実績があること、 幅広いOS、端末に対応していること、同 社で文書共有基盤として利用している SharePointと連携がとれることなどであ る。また 、ヨーロッパ の一部でB YOD (Bring Your Own Device)を利用する プラットフォームとして、MobileIronを利用 していたという実績があったことも要因の ひとつだ。さらに旭硝子株式会社 情報シ ステムセンター グローバルIT企画グルー プ 主席 谷口達郎氏は、「我々としては、BlackBerryがそうであったように、セキュリ ティ、端末、サービスをワンパッケージで導 入したいと考えていました。そのためには、 当社のパートナーであるNTTドコモと組ん でサービスを提供してくれることが重要で した。その意味でMobileIronには、非常に 協力的に動いていただいており、それも決 め手になりました」と語っている。

日本とアジア地域で 2000台規模の導入を目指す

今回のプロジェクトは、日本とアジアの 営業担当者やエンジニアなど、営業力や イノベーション向上に貢献できる人材を 中心に2000台規模で導入予定。端末 は、グローバルでの調達が可能なスマート フォン「Xperia Z1」を採用。タブレットも 必要に応じて導入する予定だ。さらに、セ キュリティを担保するため、MobileIronのAppConnectによりコンテナ化されたス マートデバイス向けスペース分割アプリ「Divide」を採用した。

実際の構築、展開、運用に関しては、 BlackBerryやXperia Z1のノウハウを 持つNTTドコモとMobileIronがタッグを 組み、AGC旭硝子を支援。4月から6月に かけて実施予定の展開に向けて、今開 発の真っ最中だ。同時に、プレゼンテー ションなどにも利用する予定のタブレット 用に、個人が持つコンテンツを共有した り、既存のコンテンツをスマートデバイス 用に変換するなど、効率的なコンテンツ 共有のための環境整備も行っていく。

旭硝子株式会社 情報システムセンター グローバルIT企画グループ 寺内量則氏 は、「まだプロジェクトは始まったばかりです が、現在のデバイスは、画面が小さい、バッ テリーが持たないなどの不満があり、それが解消されることへの期待が社内で非常に 高まっているのは感じています。プレッ シャーは大きいですが、プロジェクト完遂に 向けてがんばります」と抱負を語る。

同社は、まずは2000台規模の展開を 進める予 定 。その 後 、必要 に 応じて BYODも含めて検討しながら、さらなる活 用を目指す。最後に神庭氏は、「当社は “AGCスタイル”を掲げ、変化を恐れず、 何事にもチャレンジを続けています。その 手段としてのモバイル活用は、ワークスタ イルを変革する上で大きな意味があると 思っています」と今回のプロジェクトへの 期待を語った。