• BLOG
  • MobileIron: We’re making history by making passwords history

MobileIron:パスワードを過去の歴史にして、新しい歴史を作る

2019年5月08日
making passwords history

モバイルは、グローバル企業を牽引するだけでなく、個人の日常生活でも中心的な役割を担っています。

スマートフォン普及前の時代を覚えている世代のみなさん、今、スマートフォンなしの生活を想像できますか?多くの人々が、仕事や 遊び、そして日常生活において、スマートフォンやモバイルアプリに依存しています。モバイル技術の進化の速さ(5Gの高速化はその良い例)を考えると、今後は、よりあらゆるものがクラウド接続する時代になるのは目に見えています。

そのような社会では、個人情報や財務データ、事業データなど、私たちの貴重なデータの多くが、あらゆるネットワーク上のあらゆるデバイス上ですぐに利用できるようになります。非常に便利ではありますが、そのデータが悪い人の手に渡れば恐ろしいことになります。

モバイルが急激に進化しているにもかかわらず、モバイルセキュリティが依然としてIT石器時代の遺物とも言うべきパスワードに依存しているのはなぜでしょうか?ガートナー社によると、情報セキュリティやリスク管理にかかる費用は2022年までに1,745億ドルに達し、それでも毎年3分の2の企業がセキュリティ侵害の被害を受けています。

この状況は改善できるはずです。モバイルセキュリティをパスワードベースの認証から、大きく進化させる時が来ています。

本日発表したゼロサインオン・ソリューションで、 MobileIronは、エンタープライズセキュリティの新たな道を開拓します。それは業界初のゼロトラスト環境でモバイルを中心としたセキュリティフレームワークをベースとしたソリューションです。パスワードが不要となるだけでなく、ID志向やゲートウェイ志向のセキュリティも超えて、デバイス、アプリ、ネットワーク、クラウドサービスを流れるすべてのビジネスデータの完全な制御が可能となります。つまり、あらゆるセキュリティ属性に基づいて自分のデータへのアクセスを許可または拒否することができるようになります。

さらに重要なのは、パスワードの侵害や不完全なセキュリティソリューションにわずらわされることがなくなるということです。

MobileIronをお使いいただくと、デバイスがご自分のIDとなり、会社へのセキュアなアクセス手段となります。これによりユーザーは、場所やデバイスを選ばすにアプリやサービスにアクセスできるようになります。しかも、入力が面倒で、セキュリティ面でも脆弱なパスワードは不要です。MobileIronのゼロサインオンにより、パスワードは過去の歴史となります。

MobileIronはこれからも歴史を変えていきます。モバイルエンタープライズセキュリティの新バーションの詳細は、こちらをご覧ください。

Simon Biddiscombe

Simon Biddiscombe, President and Chief Executive Officer

著者について

 

最高経営責任者(CEO)としてMobileIron全体の事業戦略を推進し、日々の運用を統括しています。経営と財務における20年以上の経験をMobileIronにもたらしました。キャリアの出発点はPricewaterhouseCoopers LLP。9年間勤務し、最後はシリコンバレーにある技術部門の会計と監査を担当しました。そして、Wyle Electronicsのシニアバイスプレジデント兼最高財務責任者を経て、Conexantのインターネットインフラ事業の財務・統制担当バイスプレジデントとなりました。同事業は、のちにMindspeed Technologies(NASDAQ:MSPD)となり、そこで5年間、最高財務責任者を務めました。その後、QLogic Corp.(NASDAQ:QLGC)で最高財務責任者兼シニアバイスプレジデントを5年間務めた後、同社のCEOに就任しました。さらにServiceSource International, Inc.(NASDAQ:SREV)の臨時最高財務責任者を経て、MobileIronに入社しました。グラモーガン大学で経営学の学士号を取得し、現在はイングランドおよびウェールズ勅許会計士協会のフェローとなっています。