• BLOG
  • Androidのキオスクモード

Androidのキオスクモード

2018年10月08日
Androidのキオスクモード

Googleは企業でAndroid OSデバイスを利用させるためにAndroid Enterpriseという機能を提供しています。

そしてAndroid Enterpriseでは企業で管理している領域のみをユーザに操作させることを可能にしたキオスクモードというものがあります。

今回はそれについてご紹介いたします。

 

キオスクモードによって管理者は従業員に対してAndroidデバイスを完全な企業専用端末として利用させることができます。

キオスクモードによって管理者はユーザーに使用させたいアプリと設定のみを配布することができます。アプリは単一または複数配布することが可能です。

これによりユーザーは管理者によって決められた設定を変更することもアプリを削除することもできません。

さらにユーザーは管理者があらかじめ設定したランチャーから逃れることはできず、デバイスをスワイプさせて明るさの変更やネットワーク設定の変更、カメラの起動もすることはできません。

 

キオスクモードによって、例えばタブレットデバイスを店舗においてディスプレイとして利用させることや、レストランで店員にオーダー端末として利用させる店舗専用端末として利用させることも可能です。

 

これらの設定は全てMobileIronより行うことが可能です。

MobileIronによって設定されたキオスクモード端末のデモビデオがありますのでご参照ください。

 

中村 真

中村 真 , チャネルセールス本部長

著者について

モバイルアイアンでアジア地域、特に日本市場におけるマーケティング、チャネルパートナーを担当。BtoBのIT業界で20年以上のキャリアを持つ。これまでにジュニパーネットワークスで日本市場におけるエンタープライズ・ソリューション・マーケティング・マネージャー、Infobloxではアジアパシフィック地域のリージョナル・マーケティング・マネージャーとして日本及びAPAC市場を担当。2014年より現職。

同様のブログ