Solutions

Androidデバイスの管理

Androidデバイスの管理

Android™プラットフォームは、早くから個人ユース向けモバイルOSとしての優位を確立しました。しかし、企業のIT部門はデバイスのセキュリティと断片化に対する継続的な懸念からAndroidの採用に消極的でした。LollipopとAndroid for Workの発表は、その認識を変え、企業にAndroidデバイスを普及させることを明確に意図しています。

MobileIronでAndroid for Workを仕事に活用

詳細について

デフォルトの暗号化、ブルートフォースアタック(総当たり攻撃)に対する保護の強化、セキュアなデバイス共有機能、SELinux実行モードなど、Lollipopのセキュリティ機能は、これまでAndroidのサポートに消極的だったセキュリティ重視の企業に安心感を与え、Androidデバイス管理を促進すると期待されます。

Lollipopと統合したAndroid for Workは、より強力で一貫性のあるセキュリティモデルを企業のお客様に提供します。Android for Workを使用することで、IT管理者は、より一貫性のある、統一された方法で企業アプリを管理し、すべてのマネージドデバイス上にある仕事用と個人用のデータを分離することができます。

デバイスが会社所有でも、個人所有デバイスの業務利用(BYOD)プログラムのものでも、MobileIronのAndroidデバイス管理ソリューションによってIT管理者は、社内アプリ/データポリシーの設定と管理を行い、必要に応じてデバイスのセレクティブワイプまたは完全なワイプを実行できます。

ただし、業務と個人の環境は完全に分離されているため、IT部門が、同じデバイス上にあるエンドユーザーの個人的なアプリやデータにアクセスすることはありません。モバイルセキュリティは、MobileIronのAppConnect技術を使用したアプリケーション層で提供されます。結果として、複数のAndroidデバイスとOSのバージョンにわたってエンドユーザーとIT部門の両方が一貫してセキュアなネイティブ体験を得ることができます。

Android向けMobileIronの主要機能:

モバイルデバイス管理(MDM)

  • 直感的な登録
  • 企業設定とセキュリティポリシーの簡素化された構成
  • 認証ベースのEメール、Wi-Fi、VPN
  • エンタープライズリソースへのシームレスなアクセスのためのセキュアなシングルサインオン
  • 継続的なコンプライアンス監視と自動修正ポリシー
  • セレクティブワイプによる安全でないデバイスからの企業データ削除

モバイルアプリケーション管理(MAM)

  • Apps@Work企業向けアプリストアによるアプリの配布や検索
  • セキュアなEメール、連絡先、カレンダー、タスクアプリケーション
  • AppConnectによる業務データと個人用コンテンツとの分離、および各種Androidデバイスにわたって一貫性のあるセキュリティとユーザー体験の提供
  • FIPS 140-2暗号化モジュールを利用したビジネス用data-at-restの暗号化
  • オープンイン、コピー/貼り付けの制限による情報漏洩防止(DLP)
  • アプリレベルの詳細なアクセス制御を可能にするセキュアアクセスゲートウェイ
  • AppConnect対応サードパーティアプリの充実したエコシステム

モバイルコンテンツ管理(MCM)

  • Docs@Workでは、EメールとSharePointから簡単にドキュメントにアクセスし、保存や閲覧が可能です。また管理者は、DLP制御によってこれらのドキュメントの無許可配布を防止します。
  • Web@Workは、デバイス全体のVPNなしで社内Webリソースにアクセスするセキュアなブラウジング機能を提供します。

 

 

AndroidはGoogle Inc.の商標です。Androidロボットは、Googleによって作成、共有されている著作物から複製または改変されたものであり、Creative Commons 3.0 Attribution Licenseに記載の条件に従って使用されています。