Resources

ブログ

ブログ

 
Vijay Pawar | 2016, 11月 17

Native App SSO for MI Access

企業へのクラウドアプリ普及が進んでいます。CCS Insight’s Employee Mobile Technology Surveyの従業員の86%が仕事にモバイルアプリを利用し、その大半はクラウドアプリです。ネイティブモバイルアプリ(モバイルブラウザではなく)は、従業員がBox、G Suite、Office 365、Salesforceなどの企業向けモバイルクラウドサービスにアクセスする最も一般的な方法です。従業員が仕事にモバイルアプリを利用するのは、そのデザインとユーザー体験が優れているからです。生産性向上専用に設計されたモバイルアプリでは、数回のスワイプとクリックで仕事が片付きます。Concurの経費管理アプリを考えてみましょう。Concurは、非常に簡単で領収書の写真を撮り、...

続きを読む
Matthew Law | 2016, 10月 24

MobileIron Cloud製品チームはこの数カ月間、精力的に開発を続けてきました。今日は最新リリースのハイライトをご紹介します。早速始めましょう!

SAML 2.0のサポート:セキュリティと利便性は両立できる

MobileIron Cloudは、IDプロバイダー(IdP)のOktaおよびOneLoginをサポートし、IT管理者による管理ポータルログイン、エンドユーザーによるセルフサービスポータルログイン、エンドユーザーによるデバイス登録の3つのシナリオで課せられるユーザー認証と認証プロセスを制御しています。サポートされるIdPによってすでに認証を受けたIT管理者及びユーザーは、同じブラウザを開いている限り、二度と認証を求められません。これには、セキュリティを犠牲にせず、ユーザー体験を改善するメリットがあります。

...

続きを読む
Matthew Law | 2016, 7月 12

MobileIron Cloud 2016年夏の更新

4カ月にわたるMobileIron Cloud最新の更新により、企業のIT組織にとってもユーザーにとっても、さらに効率的でセキュアにモバイル化の推進が可能となりました。今回の更新のポイントをご紹介しましょう。

iOS 9.3の魅力的な企業向け機能

MobileIron Cloudの最新リリースは、セキュリティ、柔軟性、組織的な制御力を強化するiOS 9.3の新しい企業向け機能に対応しています。これには以下が含まれます。

ホーム画面レイアウト

iOS 9.3では、IT管理者が監視下デバイスのホーム画面に表示されるアプリ、アイコン、Webクリップを制御できます。MobileIron...

続きを読む
Abby Guha | 2016, 5月 4

Windows 10とEMMがPC管理を変革

近年のPC管理は、めまぐるしく変わる企業のニーズに合わせて大きく進歩しています。現在、PC管理の一般的なモデルでは、グループポリシーオブジェクト(GPO)群によって統治されるドメインにデバイスを参加させます。そしてこのGPOで、所定のユーザーグループに対するシステムの見え方や動作を設定します。LANDESKやSCCMなどのツールを組み合わせたこのモデルは、すべてのデバイスがLANに持続的に接続する場合に最も有効です。しかし、エンドユーザーコンピューティングのセキュリティモデルは進化しつつあります。現在の旧式の管理ツールには、断続的に接続するモバイルデバイスのセキュリティと管理に必要な柔軟性がありません。しかし、モバイルデバイスは、...

続きを読む
Ojas Rege | 2016, 2月 22

サンバーナーディーノ郡の議論に対する反応

現在、技術関連のニュースで最も注目を集めているのは、サンバーナーディーノの銃乱射事件をめぐるApple社とFBIの議論です。先週、ロイターは「一般的なモバイルソフトウェアでもサンバーナーディーノ乱射犯のiPhoneを解除可能だった」と題した記事を発表しました(記事を読む)。この記事にMobileIronが言及されているのは、サンバーナーディーノ郡がMobileIronの顧客だからです。

郡の職員だった乱射犯は、雇用主が支給したiPhoneを使用していましたが...

続きを読む
Ojas Rege | 2015, 12月 24

Mobile Threats: Every Tool Is a Weapon If You Hold It Right

(この資料は、モバイルアイアン戦略担当バイスプレジデント、オージャス・リジェによるブログの抄訳です。)

映画『スター・ウォーズ』が最初に公開されたのは、私が小学校6年生のときでした。ストーリーも登場人物も大好きで、5回も観たのを覚えています。先週スター・ウォーズの新エピソードが公開されたので、ここではそれにちなんで、2016年のエンタープライズモバイル予測を行いたいと思います。
2016年は戦いに満ちた年となるでしょう。「モバイルフォース」が覚醒した今、それに伴うITディスラプション(ITによる既存モデルの破壊)によって以下のような摩擦が生じます。

    ...
続きを読む
Vittorio Viarengo | 2015, 11月 16

Fall 2015: Scaling Mobile Adoption with Simplified Management and Enhanced Security

当社製品の秋リリースを発表できることをうれしく思います。このリリースでは、企業内での大規模なモバイルデバイス普及を促進する新機能が追加されると同時に、セキュリティとユーザー体験が大幅に改善されています。新しい機能は、IT管理者がセキュリティの基盤を構築し、企業を本格的なモバイルファースト組織に変える優れた既存の製品機能をさらに発展させたものです。

企業への普及を促進

...

続きを読む
Ryan Faas | 2015, 7月 14

Trust Gap 2015

モバイルファーストの世界では、IT部門の役割が職場のテクノロジーの唯一の権威者から、役員、管理者および個々の従業員にとっての信頼できるアドバイザーへと変化しています。モバイルアプリやクラウドサービスをどこでも気軽に利用できるようになったことで、誰もが自分自分のツールを調達できる世界が実現しました。そしてますます多くの個人や臨時のチーム、および部門全体がそれを実行するようになっています。

シャドーITと呼ばれるこの現象には、課題と機会があります(...

続きを読む
Ryan Faas | 2015, 2月 17

ドキュメントレベルのセキュリティで脅威を強みに変える

Shadow IT

モバイルファーストの時代において、従業員は、多様なツールを選んで使用し、各自の職務に最も効果的で効率的なワークフローを構築することに慣れています。多くの場合、これには企業向けではなくコンシューマー向けのモバイルデバイス、アプリおよびクラウドサービスが含まれます。Box、Dropbox、Google Driveなどのサービスでは、デバイス間でのコンテンツの同期や共有が簡単で、いつでもどこからでもアクセスでき、コラボレーションもスムーズです。

これらのコンシューマーサービスは、一般消費者だけでなくビジネスでの利用にも最適です。451 Researchが実施したこの分野に関する広範な調査によると、米国の労働者の39%がコンシューマーアプリを業務に使用しています。この「個人向けクラウド」は、...

続きを読む
Ryan Faas | 2015, 1月 19

Shadow IT

シャドーITとは、従業員が企業管理の端末・サービスではなく個人の端末やアプリ、クラウドサービスを使って業務を行うこと。今日の企業IT部門からみた大きなリスクになっている。

企業のIT部門からみたシャドーITの問題点:

  • 企業データが個人の端末やクラウドサービスであつかわれるため、それを効率的にセキュアに保護することは困難または不可能
  • どのような技術・アプリが利用されているのかがIT部門から見えない...
続きを読む

ページ

Subscribe to Smart@work Blog